Monthly Archives: 6月 2017

もう7月(゚ω゚)

こんにちは(^ ^)

暑さとジメジメの最強最悪タッグが大嫌いな助手の真由美です( ´艸`)

冷房はパワフル設定~ムフフ( 笑 )

ところが気がつけば、、、

受付以外のエアコン電源OFF…………( ¯ω¯ )

あれ??なんか暑いな~~(´д⊂)

誰だっ!!

犯人は、いつも院長!(●´⌓`●)

 

 

1時間後………ピッ(エアコンON♪)

 

 

もう7月ですよっ!

夏ですよっっ!

早くカラッとした暑さになってほしいですね☆

これから暑さ本番の夏ですが、皆さま体調には充分気をつけてくださいね(。・ω・。)

当院には受付にどなたでも利用出来るウォーターサーバーをご用意してますのでたっぷり水分補給してください

ね(*•̀ᴗ•́*)

リニューアル!(^^)!

こんにちは 衛生士の野間です
医院の外観をリニューアルしたいと思い緑とお花を増やしてみました
元々お花大好きな私ですが、緑を選ぶのは初めて
大きな窓に目隠しになるように育ってくれたらいいのですが
当院のニューフェイス「トネリコ」です

IMG_20170621_120646_20170621121328

 

 

お花はキンギョソウなど色とりどり明るい色をチョイスしてますので
お越しになられた際は見てみてくださいね
お花は季節ごとにチェンジしますのでお楽しみに

毎日新聞ニュース!!

こんばんは。

井上歯科クリニック 院長の井上です

前回の投稿でも書かせて頂いたのですが、最近の子供は虫歯がたくさんある子供と、定期的にフッ素塗布で来院し虫歯ゼロの子供とに大きく分かれているような気がします。

そこで今回は毎日新聞のニュースからこんな記事がありましたので紹介させて頂きます。

<食育アンケート>ゲーム長時間は虫歯のもと? 富山大

6/7() 9:17配信

テレビやゲームを長時間利用する子供ほど虫歯になりやすい--。4~10日の「歯と口の健康週間」にちなみ、富山大地域連携推進機構地域医療保健支援部門(富山市杉谷)は、富山県高岡市内の小学生2109人を対象に昨年1月実施した食育に関するアンケート結果を発表した。部門長の関根道和教授(46)=社会医学=は「ゲームなどで興奮状態にあると唾液分泌量が低下し、虫歯になりやすいのでは」と説明している。【青山郁子】

 子供の虫歯と生活習慣に焦点をあてた研究は少なく、結果は5月末、福岡県で開催された日本小児歯科学会でも発表された。

 子供の虫歯は、乳幼児期からのフッ素塗布の普及などで近年、減少傾向にある。それでも虫歯がある子供の生活傾向を探るため、富山県教委と連携して調査。高岡市内の5小学校の全児童を対象に、食習慣や生活習慣、健康状態など50項目について尋ねた。回収率は94.2%。富山市の小児歯科医らとともに分析した。

 その結果、1日のメディア利用が「2時間未満」では虫歯があるのが8.6%だったのに対し▽「2~4時間」9.8%▽「4時間以上」15.4%--と、長く利用するほど、虫歯の子供は増えた。

 睡眠時間は、「9時間以上」6.4%▽「8~9時間」8.5%▽「8時間未満」14.2%--だった。さらに、▽朝食を「毎日食べる」8.6%▽「時々食べる」16.2%▽「ほとんど食べない」27.3%--と、生活習慣が乱れている子供に虫歯が多かった。

 

 関根教授によると、唾液は虫歯予防作用があり、リラックスしている状態ではサラサラで分泌量も多いが、緊張しているとネバネバで量も少なくなる。これらのことから「ゲームなどで興奮状態にあったり、睡眠不足や空腹ストレスにあると、分泌量が低下し、虫歯になりやすいのでは」と説明する。

 保護者も調査しており、さらに詳細な分析を進める。関根教授は「虫歯予防には、歯磨きなど口腔内の衛生に注意が向きがちだが、よく寝て食べるという望ましい生活習慣作りも重要だ」とアドバイスしている。

 

最近は両親の携帯を使いこなしてスマホゲームやYouTubeの動画を見ている小さなお子様も多く見かけます。

時代の流れで流行りもある中ではどうしても便利で楽しい事はやめられないと思います。院長も学生時代は時々長時間や、ひどい時は朝までゲームもしましたし子供にとってはとても楽しい時間だったように思います。(あっ!歯磨きは必ずしていましたよ)

ゲームも生活習慣なので日々のゲームの時間を少し気にすることで虫歯予防につながるのであれば少し気にすることもいいのかもしれないですね。